エンタメ

神田沙也加マイフェアレディは特別な舞台?大地真央への思い入れとは?

Pocket

北海道からお送りしているクレアです!!

神田沙也加さんがお亡くなりになった・・・というニュースでショックをうけていますが、彼女にとって特別な思い入れがあったはずのミュージカルマイフェアレディの舞台。

どれほどの思い出があったのでしょう。

神田沙也加さんがマイフェアレディ出演にあたってどんな投稿をしていたのかも調査します!

 

神田沙也加マイフェアレディは特別な舞台?

真相がどうであれ、もうあの輝く神田沙也加さんの姿を観れないのは悲しすぎます。

アナと雪の女王での吹き替えも大好きで、歌も素晴らしかったです。

※詳細は随時更新していきます。

 

イライザ役に憧れていた?

このミュージカル、マイフェアレディは1956年にブロードウェイで初演が催さたもので、1964年には映画化され、あの名女優オードリー・ヘプバーンがイライザを演じた不朽の名作となりました。

日本では1963年に初演されていて、江利チエミさんや大地真央さんなどそうそうたる女優が、今回神田沙也加さんが演じるイライザ役を演じてきたのです。

「敬愛する大地真央さんのイライザを、何年もファンとして舞台で観てきました。真央さんのイライザは私のなかでは完璧だったので、自分がやりたいとはっきり言えなくて。こっそり憧れ続けていた作品でした」

出典元:Lmaga.jp

 

大地真央への思い入れとは?

マイフェアレディ以前に、神田沙也加さんと大地真央さんは共演をしていました。

「当時、お仕事を辞めようと思っていた時期だったんですが、真央さんが『もったいないから続けたほうがいい』と言ってくださって、私にとっては復帰作が『紫式部ものがたり』でした。

出典元:クランクイン

※詳細は随時更新していきます。

続けてこられたのは大地真央のおかげ?

神田沙也加さんにとってこの作品と役は、本人が「芸能界の母」と尊敬している大地真央さんが長年演じてきたものであり、彼女の夢の一つだったそうです。

本当の母である松田聖子さんと仲が悪かったというか、折が合わなかったときに時に、大地真央さんに悩み相談をしていたらしく・・・

「大地さんのようになること」

それが神田沙也加さんの目標だったらしいです。

その夢を実現した矢先の転落事故・・・

彼女にとっての夢の舞台だったはずですが、現実はもっと暗いものだったのでしょうか。

それとも舞台とは全く関係のないところで、苦しんでいたのでしょうか。

 

まとめ

マイフェアレディで神田沙也加さんの演じるイライザを観てみたかったです・・・

これだけの特別な舞台、そして思い入れがあるとわかっているファンにとっては信じがたい現実です。

別の意味で特別の舞台となってしまったマイフェアレディ・・・

私は観に行けませんでしたが、彼女の歌唱力・演技力はきっと素晴らしかったのだと思います。

※詳細は随時更新していきます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です